DECSON SENDAI


BLOG

2013年8月 のアーカイブ

Catalytic Filter Pipe Systemのご紹介

Posted by decsonwpadmin - 2013年8月22日

長い間更新できず申し訳ありません。
今回は「キャタリティックフィルターパイプシステム」のご紹介です。
 

 

弊社で取扱っております薪ストーブは、どれもアメリカやノルウェーの厳しい排煙規制値(煤塵量)
をクリアしたものです。
しかしながらどんな薪ストーブでも、焚き付け時などの低温燃焼中は排煙の浄化の効果があまりないまま、
煤塵・臭いと共に排煙から排出されています。
 

 

そこで煤塵と臭いの軽減を目的に考案されたこのシステムは、本体と煙突の間にフィルターを設けることにより
 
①薪ストーブの浄化開始温度が200℃以上のところ、
 触媒(プラチナ)の塗布比率を多くすることで、約180℃で浄化開始 
 
②焚き付け時180℃未満の場合でもフィルターのハニカム構造が煤塵を捕捉し、
 その後燃焼温度が上がることで、捕捉した煤塵を浄化
 
という効果を発揮します。
 

見た目はこんな感じ 

CFPS1 

シングル煙突の一部が太くなったような見た目です
 

 

 

パカッ

CFPS2

内部は簡単に確認でき、触媒の交換も容易に出来ます。

 

価格は
シングル直筒CFセット用 ¥31,500円
キャタリティックフィルター ¥30,450円 
です。
ご近隣への煤や臭いが気になる方、一度ご検討してはいかがでしょうか。