DECSON SENDAI


BLOG

加美町 森と薪の暮らしフェスティバル 後半

Posted by decsonwpadmin - 2014年1月23日

前回の更新では、午前中の薪積みアート講習会をご紹介しましたが 
今回は午後の部の講演会のご報告をしようと思います。 
 
 
 
場所はGenjiroから車で5分くらいの、宮崎福祉センター。 
ひとまず休憩室でお弁当を食べました。 
そして開会。 
 
 
はじめに加美町長の挨拶があり、 
午前中講師をしていただいた深沢さんの講演が始まりました。 
R0058925 
「伝統的?先進的?薪割りストが見る東西の薪利用」 
というテーマの講演だったのですが、 
日本国内にとどまらず、世界的にみて薪はどのように使われているか、 
それを踏まえて深沢さんはどのようなストーブをどのように使っているか、 
木材は薪だけではなく様々なものに加工され使われていること、 
ピザ窯の構造や、着火や燃焼の仕方等、、、 
写真やグラフを用いて分かりやすく説明していただきました。 
 
 
 
少し休憩をはさみ、次の講演はドイツのバイエルン州にある、 
レッテンバッハ村の村長、ウィルヘルム・フィッシャー氏。 
image 
レッテンバッハ村は1970年代から若者の流出が進み、 
一時期780名だった人口が580名まで減少しましたが 
現村長と仲間が立ち上がり、活気ある村がよみがえりました。 
その主な取り組みは、 
太陽光発電装置の普及、公共施設の薪ボイラーでの暖房 
燃料としての菜種油の使用、バイオガス発電など、 
自然エネルギーをふんだんに取り入れ、 
地域通貨やスーパー、図書館、消防庁舎、幼稚園の建設、 
企業の誘致など、日本の地方でも参考に出来る方法が沢山ありました。 
 
 
現在では、ドイツで一番幸せな村と呼ばれ、 
村の再生に成功しています。 
 
 
フィッシャー村長の話を聞き、 
村長の村に対する情熱と諦めない我慢強さ、 
周りの人を巻き込む人間力を感じました。 
日本でも多くの農山村が過疎化に伴い存続の危機にありますが、 
レッテンバッハ村のように再生できるのではないかと 
希望を持たせてくれる講演でした。 
 
 
その後、また休憩をはさんで座談会。 
2 
村長、深沢さん、加美町長、薪の駅実行委員会、東京農大教授、 
日本EIMY研究所所長のメンバーでお互いに質問を交換し、回答する、といった内容でした。 
 
 
 
今回のイベントに参加して感じたのは 
現状を変えるには多くの人の取り組みが必要で 
自分一人の力も皆で協力すれば地域を動かす力になれるのかな、 
ということでした。 
またこのようなイベントに参加することで、 
地域を動かすことの出来るような関係作りを 
していけたらと思います。 
 

加美町 森と暮らしフェスティバル

Posted by decsonwpadmin - 2014年1月21日

みなさんこんにちは。 
大寒が過ぎ、一年で一番寒い時期とされていますが 
薪ストーブは活躍していますでしょうか。 
 
 
弊社は先日、加美町で開催されました 
「森と暮らしフェスティバル」に参加してきました。 
 
 
午前の部は「薪積みアート講習会」 
午後は「フェスティバル講演会」と、 
2部構成になっていましたので 
2回に分けてUPしようと思います。 
 
 
さて、今回は午前中に参加してきました 
「薪積みアート講習会」です。 
 
 
R0058897 
会場は弊社のお客様でもある、オーガニックレストラン「Genjiro」 
こちらのカレー、絶品です。 
 
 
今回の講師は「薪割りスト」深沢さん。 
R0058898 
 
 
雪は積もっていましたが天気は穏やかで 
参加者は40人程。絶好の薪割り日和です! 
R0058905 
 
 
今回皆で作ったのは、薪棚の真ん中に穴をあけ、 
そこにお花を飾る、というものです。 
 
 
まず土台となる薪を20~30cm積みます。 
穴を開けたいところに太い丸太を設置し、 
その両脇から上部にかけて放射状に薪を積んでいくのです。 
R0058906 
今回は薪の小口部分とコントラスト差をつけるために 
放射状に積む薪は木目が真っ白なホオの木を使います。 
ホオの木の間に入れる薪は、細かい小割を作って 
形を選んでギッシリ詰まるように積んでいきます。 
 
 
積み終わりました 
R0058909 
 
 
そして次に丸太の下にある薪を2,3本抜いてから 
中心の丸太を慎重に抜きます。 
 
 
抜けたぁ~!!!! 
R0058910 
 
 
抜けたらそこにお花を飾って完成です! 
R0058911 
 
 
皆でパチリ 
R0058917 
 
 
ただ大変な薪積みを 
見た目も綺麗に、楽しく積むことが出来る 
薪積みアート。 
皆さんも是非試してみてください。 
 
 
次回は講演会の内容をUPしたいと思いますので 
お楽しみに!

年末年始のお知らせ

Posted by decsonwpadmin - 2013年12月27日

ご無沙汰しております。
お客様、関係各社につきましては、本年も大変お世話になりました。
弊社は12月28日(土)~1月5日(日)までお休みをいただきます。
来年もまた、より一層のご支援を賜りますよう、従業員一同心よりお願い申し上げます。
皆様、よいお年を。

日本暖炉ストーブ協会 安全講習会

Posted by decsonwpadmin - 2013年9月6日

暑さもだいぶ落ち着き、過ごしやすくなってきましたが
皆様いかがお過ごしでしょうか。
 
先日東京で、ストーブ協会の講習会があり、当社から2名参加してきました。
 
東京駅
綺麗になった東京駅
 
 
場所は「東京国際フォーラム」という、東京駅のすぐ近くの
ガラス張りの大きな建物でした。 
国際フォーラム
 
講習会
会議室のような会場
 
 
今回は、薪ストーブの排気のシステムの基本的な知識を
マニュアルに沿って勉強してきました。
ドラフト・フロー・排気の仕組みや効果、煙突の構造・性能・役割 etc,,,
普段何の気なしに使っている知識を基本の基本から理解する、
いい機会になったと思います。
それでは、また。
 
 
オマケ
乾電池
長野の乾電池の自販機

Catalytic Filter Pipe Systemのご紹介

Posted by decsonwpadmin - 2013年8月22日

長い間更新できず申し訳ありません。
今回は「キャタリティックフィルターパイプシステム」のご紹介です。
 

 

弊社で取扱っております薪ストーブは、どれもアメリカやノルウェーの厳しい排煙規制値(煤塵量)
をクリアしたものです。
しかしながらどんな薪ストーブでも、焚き付け時などの低温燃焼中は排煙の浄化の効果があまりないまま、
煤塵・臭いと共に排煙から排出されています。
 

 

そこで煤塵と臭いの軽減を目的に考案されたこのシステムは、本体と煙突の間にフィルターを設けることにより
 
①薪ストーブの浄化開始温度が200℃以上のところ、
 触媒(プラチナ)の塗布比率を多くすることで、約180℃で浄化開始 
 
②焚き付け時180℃未満の場合でもフィルターのハニカム構造が煤塵を捕捉し、
 その後燃焼温度が上がることで、捕捉した煤塵を浄化
 
という効果を発揮します。
 

見た目はこんな感じ 

CFPS1 

シングル煙突の一部が太くなったような見た目です
 

 

 

パカッ

CFPS2

内部は簡単に確認でき、触媒の交換も容易に出来ます。

 

価格は
シングル直筒CFセット用 ¥31,500円
キャタリティックフィルター ¥30,450円 
です。
ご近隣への煤や臭いが気になる方、一度ご検討してはいかがでしょうか。